FTP クライアント

GoAnywhere MFTTM は、標準的なFTPサーバ、およびセキュアなFTPサーバであるSFTP(SSHファイル転送プロトコル)、SCP、FTPS(SSLを介したFTP) サーバへ接続可能です。GoAnywhere MFTは中断されたファイル転送の接続再開、自動再試行などのオプションにより、FTP配信の保証を支援、また、成功したファイル転送の整合性を確認します。

GoAnywhere MFTのFTP機能

ž  ・ 標準的なFTPコマンドセットをサポート

ž   ・ファイルの取得、転送、削除、移動

ž   ・ディレクトリの作成、変更、名称変更

ž   ・カスタムコマンドの実行

ž   ・一回の接続において複数ファイルを転送

ž   ・ディレクトリのリストを解析するMLSD標準をサポート

ž   ・バイナリ、ASCIIモードを自動判別

ž   ・パッシブ、アクティブ接続をサポート

ž   ・ユーザー定義の設定により、接続の再試行、中断されたファイル転送の自動再開

ž   ・チェックサムアルゴリズムCRC-32、MD5を使用した、ファイルの整合性確認

ž   ・ファイル名の接尾、接頭語などの定数、およびタイムスタンプや変数

ž   ・変数を利用した、ファイル名および他のプロパティの上書き

ž   ・ポート範囲設定

ž   ・SOCKS、HTTPプロキシのサポート

ž   ・ファイルのアクセス許可変更(認可されている場合)

ž   ・タイムスタンプの保存(オプション)

ž   ・ファイル転送失敗時のEmail、テキストメッセージ、システムメッセージによる警告

FTP リソース

FTPサーバを単純なドロップダウンメニューから選択、再利用可能なリソースとしてGoAnywhere MFT管理画面で事前に定義することが出来ます。FTPタスクはGoAnywhere MFTプロジェクトに配置可能、ワークフロープロセスの一部として実行が可能です。たとえば、データベースファイルからレコードを取得し、CSVファイルにデータ変換、FTPサーバにCSVファイルを転送(PUT) するといったプロジェクトが定義可能です。

ファイルフィルタリング

FTPを介してファイルを転送、または受信する際、フィルター条件を使用して特定のファイルを除外、もしくは含めるといった選択が可能です。

ž   ・ワイルドカード(例:trans*.txt、*.xls)

ž   ・正規表現

ž   ・日付、時間範囲

ž   ・サイズ範囲

ž   ・プロジェクトに渡された変数

FTPログ

監査およびコンプライアンス要件を満たすために、GoAnywhere MFTの全てのFTPパーミッションの監査証跡(ログ) が生成されます。管理画面より、プロジェクトごとにログ詳細のレベルを制御できます。詳細は全ての発行されたFTPコマンド、FTPメッセージ、転送されたファイル名などにより構成されます。UDP、TCP接続を使用し、ログメッセージをシスログサーバに送信可能です。