FTPサーバ

GoAnywhere MFT は、堅牢なファイル転送管理のための、エンタープライズレベルのFTPサーバを提供します。FTPサーバ標準的なFTP転送のために使用することが可能、また明示的なSSL接続要求を介しセキュアなFTPを提供します。ユーザーはAD、LDAPまたはIBM i ユーザープロファイルを含む、様々な方法を使用して認証することが出来ます。

FTPサーバの機能

・取引先パートナー数に制限はなく、高いスケーラビリティ

・設定可能なポート番号で複数のリスナーをサポート

・ブラウザベースのインターフェースから、リモート管理・監視

強固なセキュリティと詳細なアクセス認可の制御

複数の認証方式 : AD、LDAP、IBM i 、データベース

・ログイン中ユーザーのアクティブセッションの表示が可能

・電子メール 通知の送信や、ファイルの自動プロセスのためのイベントトリガー

・ファイル転送を再開するクライアント要求をサポート

・アノニマスによるログインの有効/無効化

・ログイン/ログアウトメッセージのカスタム

・最大セッション数、最大ログイン失敗数、タイムアウトなどの設定

・指定した拡張子の拒否または受け入れ

・DMZ内のGoAnywhere Gatewayが存在する場合、受信ポートを解放せずにプライベートネットワーク内への設置が可能

FTP サーバ構成画面

FTP ログ

監査、およびコンプライアンス要件を満たすために、GoAnywhere MFT内の全てのFTPセッションの監査証跡(ログ)が生成されます。ログの詳細には発行されたコマンド、メッセージ、IPアドレス、ユーザーID、転送されたファイル名が含まれます。ログメッセージは、UDPまたはTCP接続を使用しシスログサーバへの送信が可能です。

FTPサーバの標準サポート

明示的なSSLモード※1を使用する場合、次の規格がGoAnywhere MFT内のFTPサーバでサポートされています。

SSL/TLS バージョン

・SSL 2.0

・SSL 3.0

・TLS 1.0

・TLS 1.1

・TLS 1.2

 

明示的なSSLセキュリティプロトコル

・SSL

・TLS

 

暗号(対称暗号化アルゴリズム)

・AES-128

・AES-192

・AES-256

・DES

・RC4

・トリプルDES(DESede)

 

認証と鍵交換アルゴリズム

・ディフィーヘルマン

・DSA

・RSA

 

ハッシュアルゴリズム

・MD5

・SHA1

 

証明書キーストア形式

・JKS (Java キーストア)

・PKCS12

 

※1 無償版のGoAnywhere MFTをご使用の場合、明示的なSSLモードは使用できません。