GoFastはGoAnywhereのファイル転送アクセラレーションプロトコルで、従来のFTPより最大2倍高速にデータ転送可能です。GoFastの速い転送速度は、軽量のUDP(User Datagram Protcol)チャネルを使用して、クライアントとサーバー間でデータパケットをブロードキャストすることによって達成されます。UDPは、FTPやSFTPなどのTCPベースのプロトコルよりもはるかに高速です。これはデータパケットの確認と同期のための固有の時間遅延がないためです。

従来、UDPは、ライブビデオやオーディオなどの高スループットが要求されるストリーミングコンテンツに使用されていました。GoFastは、UDPの効率性を活用しながら、データ伝送の配信と品質を保証する革新的な方法を提供しています。

How it Woks

ファイルが転送される前に、安全なSSL/TLS制御チャネルが最初にGoFastサーバーとクライアント間でTCPを介して確立されます。この制御チャネルは、X.509クライアントおよびサーバ証明書だけでなく、ユーザーの資格情報でも認証できます。認証後、制御チャネルを介してコマンドが送信され、ファイル名やサイズ、暗号化、圧縮設定などの送信に関する詳細が示されます。

 

ファイルは複数の部分に分割され、GoFastクライアントとサーバー間のUDPデータチャネルを介して転送されます。部品のサイズは、ネットワークの信頼性に基づいて速度を最適化するように調整することができます。ファイルパーツは配送先で再度構築され、指定されたフォルダの場所に保存されます。

転送保証

ファイルのいずれかの部分が正常に宛先に到達しない場合、送信者はファイル全体が受信されるまで、欠落している部分を再送するよう指示します。転送の完全性をさらに保証するために、転送されたファイルに対してGoFastクライアントとサーバの両方でチェックサム(ハッシュ)を計算できます。転送元・先のファイルのチェックサムが一致しない場合、ファイルは自動的に再送されます。

暗号化

GoFastはデータパケットを保護するためにAES暗号化を使用可能です。これはインターネットやそのほかの安全でないネットワークを介して機密ファイルを送信する際に重要です。AESは一般的な暗号化企画であり、最高機密情報を保護するためにアメリカ国立標準技術研究所(NIST)によって承認されています。保護されたネットワークを介してデータ送信する場合には、暗号化を無効にして転送速度をさらに最適化することができます。


圧縮

ファイルパーツをZLIB標準で圧縮して、GoFast送信で使用される帯域幅の量を最小限にすることができます。9つの異なる圧縮レベルがサポートされています。これらの圧縮レベルは、送信時に管理者が選択できます。

GoFast機能

  • GoFastファイル転送が自動的に実行されるようにスケジュール
  • GoFastセッションごとに複数のファイルを送信および取得
  • ユーザーが指定したしきい値で失敗した接続の自動再試行
  • サーバが使用可能になった時に失敗した送信を自動再開
  • AES-128, 192, 256ビット暗号でデータパケットを暗号化
  • MD5、SHA1, 256, 284およびSHA512ハッシュアルゴリズムを使用して整合性を検証
  • 接尾辞と接頭辞ファイル名に定数、タイムスタンプ、または変数を使用
  • 変数を使用して実行時にファイル名やそのほかのプロパティを上書きする
  • ファイルが宛先の場所にすでに存在する場合、ファイルの名前を自動的に変更
  • GoFastサーバで使用されるポート範囲を設定
  • 電子メール、テキストメッセージ、およびシステムメッセージによる転送エラーのアラート送信
  • すべてのGoFastファイル転送を監査、およびレポート作成のために記録

GoFastワークフロー

GoFastサーバ接続はGoAnywhere MFTの管理者で、再利用可能なリソースとしてあらかじめ定義されています。リソースは簡単なドロップダウンメニューから選択できます。GoFastタスクはGoAnywhere MFTワークフロー内に置くことができ、一貫性のあるプロセスの一環として実行できます。たとえば、ビデオファイルを取得して、ビデオを暗号化し、GoFast高速ファイル転送プロトコルを使用してビデオを取引き先に素早く送信するワークフローを定義することができます。

 

次の例では、管理者がGoFastタスクを使用してビデオファイルをトレーディングパートナーにアップロードしています。

GoFastタスク