IBM i (AS/400)

システム文書化

こんな悩みがありませんか?

IBM i (AS/400)のお客様で、下記の内容に心当たりがある方はいませんか?
システムの【見える化】も内部統制のためにも、今後のシステム拡張に必要な事です。

システム文書化とは?

システム関連や業務関連のドキュメントを作成することです。 しかし、作成するには、時間、人、お金がものすごくかかります。

システム関連

  • システムフロー
  • ファイル一覧表
  • プログラム一覧表
  • データベース一覧表
  • プログラム構成一覧表
  • ファイル・プログラム関連一覧表
  • プログラム・ファイル関連一覧表
  • 画面・帳票レイアウト

業務関連

  • 業務フロー
  • オペレーションマニュアル
  • 障害対応マニュアル

システム文書化サービスとは?

弊社では、独自開発ツール『ADT』(Auto Documentation Tool)を使い、お客様のシステム文書化をサポート 致します。技術者の技能や面倒な作業を排除したドキュメントをデータとしてご提供できます。

信頼1.IBM iSeries Site ファミリー製品に登録

このシステム文書化ツール『ADT』はiSeriesSite ファミリー製品にも 登録されているAID for iSeries Siteの1機能で、10年以上の実績があるツールです。

信頼2.GBS、パックセンターで現在も使用されている

また、現在でもGBS パックセンターにて 使用されており、長年の使われている様々なノウハウが詰まっています。

信頼3.上場企業5社の内部統制プロジェクトで承認済み

上場企業にて5社の内部統制プロジェクトで実施され承認を受けています。 この実績をベースに標準化された内容をサービスとして提供いたします。

システム文書化サービス価格

標準セット

システム規模を問わず IBM i (AS/400) 単一環境で50万円からになります。詳細はお問い合わせください。

※1:RPGⅢ以降 ILE RPGに限ります。
※2:複数台数 LPAR環境によっては別途費用発生の場合が御座います。
※3:東京23区・埼玉県・神奈川県以外の交通費・宿泊費は別途ご請求させていただきます。

オプション

システム規模・部門により別途お見積