人材育成制度

社員の成長を強力にサポート

SOLPACの最重要施策は人材育成です。
人材育成に力を注ぐ理由は、
「教育の差が企業の差となる」
「年齢無関係、いつまでも勉強を」
これがSOLPACの経営哲学だからです。

新入社員研修

入社後、約1ヵ月間は全職種合同での新入社員研修を行います。
ビジネスマナーやITテクニカルなどの基礎研修から、 ITビジネストライアルでの体験型研修など、幅広い研修を行っています。 ITビジネストライアルコースではビジネスプロセスの全体像から各プロセスの学習、またロールプレイングや提案コンペなどで本番さながらの体験を通し、即戦力の育成を意識した研修を行います。
その後は各配属先に分かれ、ABAP研修などの言語研修や現場でのOJT研修などそれぞれの研修にうつります。

資格取得支援制度

SOLPACでは社員のレベルアップのために積極的な資格取得を推奨しています。会社が認定した資格試験を対象として、難易度に合わせた“合格お祝金”を支給しています。また、合格した際の受験費用も会社が負担しています。
ITパスポートや基本情報技術者試験、ITILファンデーションなど毎年多くの新入社員がチャレンジしています。情報技術者試験をはじめ各種ベンダー認定資格、またビジネスの幅を広げるため、英語や簿記や社会保険労務士等の幅広い資格が対象となっているのも特徴です。現在の対象資格は134種類にもおよびます。

個別育成計画

自身のキャリアを考えながら仕事をすることは必要なことです。 そのために、1年後/3年後/5年後の自分をイメージし、そこに向かうために今から何をすべきかを計画/実践し、 実績を評価します。このサイクルを回すことにより実現性を高めます。

若手支援プログラム

これからのSOLPACを担っていく若手社員のスキルアップは会社にとっても大切なキー。ブラザー制度やスキル管理システム、また先輩社員が講師となって行う社内研修など、若手社員のスキル向上のためのさまざまな施策を行っています。

若手社員研修の例

  • GoAnywhere勉強会
  • 新しい時代の創造型リーダーシップ
  • IBMサーバーとWindows初級講座
  • 営業スキルアップ研修(全7回)など

page-top

© 2018 SOLPAC Co,Ltd. All Right Reserved.