IBMi(AS/400)

IBMi(AS/400)

DXに繋がるビジネスのデータは、IBMi(AS/400)にあります!DXにむけたIBMi(AS/400)のサポートはソルパックにお任せ下さい。

ソルパックはIBM Power Systems、IBMi(AS/400)、AIXにコミットしています。特にIBMi(AS/400)はソルパック創立から常にフォーカスしており、インフラ基盤からアプリケーションの導入・運用までをトータルにサポートできる体制があります。




これからのIBMi(AS/400)の課題を解決します!

AS/400 導入企業の悩み
オープン言語を活用したい企業へ

どうやってリプレースに
取り組んだらいいかわからない

IBMi(AS/400)を知らないベンダーでは引継ぎ方がわからない

簡易アセスサービス

現状のサーバー構成や使い方を評価分析し、
どのようにしていけばいいかコンサルティングを行います。

古くから作りためたプログラム資産を
有効活用したい

RPGコンバージョンサービス

IBMi(AS/400)を使い続けたい企業へ

技術者が不足している

IBMi(AS/400)移行構築サービス

SOLPACの保守サービス

FFFRPG研修サービス

システムが古く刷新したい

IBMiクラウド
コンサルティングサービス

IBMi(AS/400)は最新のテクノロジーも共存が可能です。
最新の使い方をお教えします。



IBMi(AS/400)導入企業の悩み

技術者不足

IBMi(AS/400)の大半がRPGというプログラム言語で作られています。このRPGはIBMi(AS/400)以外ではほとんど使用されない稀有な言語のため、技術者人口はおおくありません。その上、技術者が退職していたり、高齢化していたりで、RPG開発者の人口減の問題になっております。

システムが古くなっている

資産継承性の高いIBMi(AS/400)は、長期にわたる改修を重ねながら、今もシステムを運用している企業もおおく、大半がRPGで独自に開発したプログラムであり、改修を重ねた結果、自社の要件に最も適したシステムとして完成しています。一方で、メーカーがいつまで製品保守を継続するのか、という不安がつきまといがちです。

企業としては、「IBMi(AS/400)は古い」というイメージもあります。システム部門はIBMi(AS/400)の優位性をよく理解しておりこの先も継続的に利用したいと思っていても、ITを理解していない人ほどIBMi(AS/400)は時代遅れの古いオフコンだと思われ、なかなか理解されません。

WHY IBMi(AS400)?

IBMi(AS/400)は30年以上使い続けられ、愛されているシステム

IBMi(AS/400)の「ビジネス環境に合わせて実装するべきテクノロジーを進化させる」という姿勢は、IBMi(AS/400) 登場以来 30 年以上経った現在においても、DNAとしてIBMi(AS/400)関係者の間に脈々と受け継がれています。その優れたアーキテクチャーをベースとしながらも、様々な最先端テクノロジーを取り込む柔軟性を備えています。

IBMi(AS/400)は顧客満足度を追求したシステム

IBMi(AS/400)は、ビジネスを支えるシステムはどうあるべきかを突き詰めてできたシステムで、オブジェクト・アーキテクチャー、TIM、単一レベル記憶などのIBMi(AS/400)のユニークなテクノロジーにより、その設計思想は、結果的に常に高い満足度評価を実現し、現在も数多くのお客様に長期間にわたり、活用いただいています。

IBMi(AS/400)ユーザーの使い方により変化するシステム

お客様次第で、IBMi(AS/400)は旧来のオフコンかも知れませんし、下層間ワトソンを操るサーバーかも知れません。

 

 

IBMi7.4では、ハード・OS・DB・プログラム言語のAI開発の開発環境を充実させ、開発効率をあげる事が出ます。


IBMi7.4でAI開発が飛躍する。

IBMi7.4は、統計解析で使われるR言語にも対応しており、IBMi(AS/400)上のリアルな機関データをデータ分析・統計解析・データマイニングのプロセスを組み込むことで、経験や勘で判断してきた作業を、AI自動化することができます。

業界標準のEclipseが利用できる環境を整えており、どのプログラム言語を使用していても、既存アプリと有機的にプログラム間の連動ができ、モバイルデバイス連動だけでなく、AIやクラウドとも容易に連動させることができるようになりました。

また、IBMi Db2 Mirrorにより、パーフォーマンス・チューニングのコストを抑え、開発時のDB変更や保守がより容易に作業を行えます。

IBMi7.4の主な新機能

AIアプリ開発をより簡単に、多彩に

水平連携機能の強化
R言語、AI用ライブラリーやツールを追加
RPG:可変次元配列、COBOL:機能拡張

運用をより容易に

ワークロード・グループで利用資源を配分

セキュリティーをより強く

ユーザーごとの必要十分な最小権限を報告

TLS1.3



安定稼働のための新しい選択肢

Db2 Mirror

開発意向表明

NVMeサポート


  • オープン言語を活用したい企業へ
  • IBMiを使い続けたい企業へ